株式会社右川ゴム製造所

株式会社右川ゴム製造所

ゴム製造サービス

ご相談・お見積

その他機能素材

被膜付きスポンジ/シームレス

スポンジをソリッドの皮膜で内包して、押出一体成形にて柔らかく作ることは、難しいとされてきました。
そうした問題を、配合・口金の押出成形加工技術を集結して、解決した製品です。
柔かさが求められるが、強度の必要とされる部分に最適です。

製品形状

押出成形による2次元断面形状。
15×15角が規格品となります。
※断面形状につきましては、都度ご相談下さい。

  • 被膜付きスポンジ
一般物性 試驗結果 試驗条件 試驗方法
見かけ密度(比重) 0.6 (スポンジ部分) JISK7112A/ASTMD792
硬度 24 TYPE A JISK6253/ASTMD1415
引張強度 (MPa) 8 JISK6251/ASTMD412
伸び (%) 350 70°C×72h JISK6251/ASTMD412
加熱圧縮永久歪 (%) 16 50%圧縮
70CX22h
JISK6262/ASTMD395

※本試験データは測定値であり、保証値ではありません。

食品衛生対応スポンジ

  • 食品産業用パッキン

用途

食品産業用パッキン

特徴

  • ・断熱性に優れています。
  • ・-60°~+200℃まで使用可能です。
  • ・独立気泡
  • ・反発弾性に優れています。

製品仕様

硬度25°±5°

※色に関しましては別途ご相談ください。

参考物性値

項目 単位 試験結果 試験方法
常態 デュロメーター硬さ E22 JIS K 6253
引張強さ
切断時伸び
MPa 1.28 JIS K 6400-5
% 430
引裂強さ N/cm 58 JIS K 6400-5
圧縮永久歪25%圧縮 kPa 51.0 JIS K 6400-5
見掛け密度 g/m3 0.44 JIS K 7222
熱老化 硬さ変化 ±2 JIS K 6257
ギヤ式[AA-2]、200±1℃×24h
引張強さ変化率 % -3
切断時伸び変化率 % -3
引裂強さ % -3

・昭和34年厚生省告示370号 食品、添加物等の規格基準 第3 器具及び容器梱包 D3

(1)ゴム製の器具(ほ乳器具を除く。)または容器梱包

(改正:平成24年厚生労働省告示第595号)

シリコーンスポンジ角紐

  • シリコーンスポンジ角紐
A(mm)×B(mm) 定尺(m)
3×5 100
3×10 100
3×15 100
3×20 100
3×25 100
3×30 100
4×10 100
4×15 100
4×20 100
4×25 50
4×30 50
4×35 50
4×40 50
5×5 100
5×10 100
5×15 100
5×18 50
5×20 50
5×25 50
5×30 50
5×35 50
5×40 50
6×6 100
6×7 100
6×10 100
6×12 100
6×15 100
6×20 50
6×25 50
6×30 50
7×10 50
7×15 50
7×20 50
7×25 50
A(mm)×B(mm) 定尺(m)
8×8 100
8×10 50
8×15 50
8×20 50
8×25 50
10×10 50
10×15 50
10×20 50
10×25 25
10×30 25
10×35 25
10×40 25
12×12 50
12×15 50
12×20 50
15×15 50
15×20 50
15×25 25
15×30 25
15×35 25
20×20 25
20×25 25
20×30 25
20×35 25
20×40 25
25×25 25
25×30 25
25×35 25
25×35 25
25×35 25
30×30 25
30×35 25
30×40 20
30×45 20
30×50 10
35×50 10
40×50 10

※その他形状はお問い合わせください。

低硬度ソリッドゴム

ゴム押出成形(連続加硫成型)は無圧の状態で成形・加硫を行うため、硬度(粘度)の低い材料での成形は形状の垂れ等の理由から難しいとされています。
当社の低硬度ソリッドゴムは15度という低い数値を実現しました。

用途

スポンジでは強度が足りないが、低硬度が求められる部分に。

物性

試験条件 試験方法
硬度 27 TYPE A JISK6253/ASTMD1415
引張強度(MPa) 1.16 JISK6251/ASTMD412
伸び(%) 380 JISK6251/ASTMD412

EPDM 過酸化物連続加硫(非硫黄加硫)

過酸化物加硫は金属やプラスチックへの汚染が抑えられるという特徴があります。
当社では、過酸化物加硫による押出連続加硫を実現しました。

用途

硫黄による金属やプラスチックの影響を防ぐ為に。

物性

試驗結果 試験条件 試験方法
硬度 79 TYPE A JISK6253/ASTMD1415
引張強度(MPa) 12.8 JISK6251/ASTMD412
伸び(%) 190 JISK6251/ASTMD412
硬さ変化率 0 70°C×72h JISK6257/ASTMD573
引張強度変化率(%) -6 70°C×72h JISK6257/ASTMD573
伸び変化率 16 70°C×72h JISK6257/ASTMD573

ゴムのことなら何でもご相談ください。